きもの男子通信

乱歩も「新派大悲劇」に・・・黒蜥蜴@三越劇場

行ってきました。

そして会場の三越劇場は1927年(昭和2年)開場で内装がクラシック。舞台装置の雰囲気と色調もその三越劇場の内装に合わせていてるので、劇場全体が舞台と一体になったように感じられます。







最初に現れた刑事役の永島敏行さんは、観客席に向かって「日本最初の地下鉄、銀座線に乗って三越劇場までいらした、帝都東京の小市民の皆さん」と呼びかけます。

そう、観客は乱歩の怪人たちが暗躍する昭和初期の帝都東京の一般大衆に見立てられているのです。
(銀座線は1927年/昭和二年開通。そして、「小市民」の方々が、住んでいそうな東横線の開通も昭和二年。)

「帝都東京」と地続きの日本橋の三越劇場ならではの演出に期待が膨らみます。

さて、続いて怪人二十面相はじめ乱歩の怪人たちが集まる秘密のパーティーのシーン。「乱痴気騒ぎ」という設定なのですが、ぎこちない。舞台がなかなか暖まらないというか。新派の方々はがんばっているけど、真面目すぎてやっぱりこういうの向いてないような。理性が邪魔しているというか。

新派の世界って、「人にはそれぞれ事情があって、一見自暴自棄になってるように見える人でも、それには深ーい理由がある」、というような世界観、だからね。

しかーし、そこに雪之丞さんの女盗賊黒蜥蜴が銀色のキラキラの着物で登場すると、一気に乱歩の世界に!

上演後の茶話会で、雪之丞さんがこの衣装(自前だそう)を「ミラーボールみたい」とおっしゃっていましたが、まさに雪之丞さんの登場で舞台が照らされた感じ。今までぎこちなかった他の登場人物も生き生きしてきた。

その後の舞台も雪之丞さんの輝きに照らされていました。しかし、雪之丞さんがいなくなると・・・
でも、ほとんどの場面で雪之丞さんは登場するので大丈夫。

再度辛くなるのは、通天閣の近くの化物屋敷での怪人たちの乱闘。ごめん、新派の方々、やっぱりこういうの向いてないよー。最大限頑張っていたけど。エグザイル劇団の人がむしろこの場面を支えていたかも。

でも途中で歌舞伎の「だんまり」みたいなシーンがあってこれは良かった。「だんまり」というのは真っ暗(という設定の)舞台で登場人物たちが、スローモーションで手探りするというもの。
ここはみなさん上手にできていて安心して観れた。様式って素晴らしい。

<ここからはネタバレなのでこれから観る予定の人は読まないで!>

お芝居の方は、船から人間椅子を海にドボン、秘密基地の恐怖美術館などなど、ほぼ私たちの知ってる黒蜥蜴の筋に沿って進んでいきます。

黒蜥蜴といえば思い出す、黒蜥蜴の手下、「緑の亀」は登場せず、誘拐される令嬢早苗さん付きの女中で実は黒蜥蜴の手下という新キャラクター、はるさんが活躍。

劇中で、黒蜥蜴が、嘘とも本当ともつかない調子で、明智小五郎に、華族の令嬢として育てられた幸福な子供時代を語るシーンがありますが、はるさんはその頃から黒蜥蜴に仕えていた、らしい。

早苗さんを剥製にしようとするところは、原作と同じですが、気絶した早苗さんを見て、黒蜥蜴が「姉にそっくり」といい、はるさんも「本当に」といいます。

さて、黒蜥蜴のアジトには黒蜥蜴とはるさんしか入れない秘密の部屋があるのですが、最後、追い詰められた黒蜥蜴が毒を飲んで死ぬラストシーンで、その扉が開きます。
するとそこには、黒蜥蜴が語ったのとそっくりな幸せそうな家族の人形が!

そう、黒蜥蜴が早苗さんを剥製にしようとしたのは、姉に似た早苗さんを加えて、家族像を完成させるためだったのです。

乱歩が、突然「新派大悲劇」に!

わたくし、泣いてしまいました。

新派は不滅だった・・・

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

「茶の湯展」@国立東京博物館

平日の夜、行ってきました。


この展覧会、実は、金土は夜9時までやっているのです!

全く並ばなかったし、中もそんなに混んでいませんでした。

有名なお茶道具が、どんどん出てます。

室町時代の展示の唐絵や唐物の展示がかなり充実していました。

やっぱり唐物って大事ですよね。

恥ずかしながら、私、室町時代に日本が明に朝貢していたこと、最近知りました。

そこで手に入れた唐物の蓄積で、「東山御物」ってのが、あるのかー、と納得。

ただ、今回の展示でも、朝貢や勘合貿易のことはほとんど解説されてなかった。常識なのかもしれませんが、私のように初心な人もいるので、もっと歴史的な背景について、説明するといいのでは、と思いました。

それはそれとして、室町の唐物、輝いてました!和物とは違う、精巧さと均整。見るからに「高級」な感じです。

圧倒されて、利休さんのとこまでたどり着く前にかなり疲れたような。

でも、利休さんの、削ぎ落とした美!
全ての展示を通して、最も現代につながる気がします。

江戸時代は、遠州と不昧公が中心。
そこで気になったのは、箱というか箱書が展示されていないこと。

遠州とか不昧公だと、やっぱりそこが見たいじゃないですか。和歌とか書いてあったりして。以前、根津美術館で不昧公の展示を見た時は、茶入れなどと一緒に、箱や挽家もマトリョシカのように、これでもかってくらい展示されてて、面白かった。

茶碗や茶入そのもの自体だけではなく、銘をつけたり、箱書することによって、付加価値が付いていくことも茶道具の面白さだと思う。

最後は実業家を中心とする近代数寄者で締めてました。

さて、これからはどうなるんだろう?

ZOZOのあの方とか?

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

「ロック」だけじゃない、ルミロックさんの2017浴衣ツアー

新宿伊勢丹で開催中のルミロックさんの浴衣の催し、「RumiRockゆかたピカレスクツアー」に行ってきました。

これまでの人気柄の他に新作も。

「ルミロックさんの浴衣って、ロックなんじゃないの?自分には難しいんじゃないの?」と思っていらっしゃる方もいると思いますが、ルミロックさんのもう一つのポイントは、「ロマンチック」、だと思う。
前に紹介した、「不思議の国のアリス」の柄とか。

新作にもありました、「ロマンチック」が!

今回のテーマは「親指姫」。


ヨーロッパの絵本のような柄が素敵です。
白と薄いブルーのストライプに白い顔料でペン画のように書かれているので、目立ち過ぎず、品がいい。


浴衣としてではなく、(襦袢を着て)着物としてきても、いいと思います。

そして、もう一つは、枡屋儀兵衛さんというメーカーの為に、デザインされたという浴衣。
(nonoというブランドです。http://www.kimono-factory.com)

大島紬の柄をモチーフにしていますが、拡大したり、他の模様との組み合わせたり、ほどよく様々なアレンジがされていて、とてもモダンな感じ。




こちらも着物としてきてもいいと思う。

私は、どちらかというと「浴衣は浴衣」って思う派なのですが、こちらは、なんというか、昭和で言うところのいわゆる「趣味の着物」(=フォーマルではなくて、ちょっと凝った外出着。大島紬はまさにそれだと思います。)としても着られる気がしました。

これまでは、「趣味の着物」というと紬、という感じだったですけど、これなら、もっと手軽な値段でそういう着物が楽しめるのでは、と思いました。

予定は以下の通り、

・5/31~6/6 銀座三越9階テラスコート(東京)
・6/14~20 伊勢丹新宿店7階(東京)
・6/30~7/3 名古屋エスプラナードギャラリー(愛知)

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

男性きもの専門店、Y & SONS@神田明神のパッケージ

先日初めて神田明神前の男性着物専門店、Y & SONSで浴衣を買いました。

Y & SONSは、モダンでモードなお店ですが、実際に仕立てると、さらに色々なことが分かりました。

まず、仕立て上がるとメールでお知らせが。もともと予定通りの日だったのですが、メールでお知らせがくると嬉しいし、すぐ取りに行く気にもなります。

そして、お店に伺って、パーケージをみてびっくり!

箱はこんな感じです。


横に中身が書いてあります。


かなり厚みがあるので、浴衣一枚だけ入れるのはスペースが勿体ない気がしますが、お対(長着と羽織のセット)と長襦袢と帯を一式しまっておくと、ぱっと取り出せそう。
そんな箱が、

1. 袷のお召しのお対
2. 袷の紬のお対
3. 単衣の長着と紗の羽織
4. 夏物と浴衣
と4つあれば、オールシーズンをカバー!

まあ、とりあえず、1か2だけでいいし、浴衣シーズンだけと割り切って4だけでもいいと思います。

夏物だけ?と思う人がいると思うけど、夏は浴衣を着てる人が多いので、今の時代、街中で着物を着ても一番違和感のないシーズンでは。なので、着物は夏物から、というのもありだと思います。

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

竺仙さんの「男物きもの」

浴衣や江戸小紋で有名な竺仙さんのサイトに「男物きもの」というページができていました。
http://www.chikusen.co.jp/product/season/mens.php

読んでみると、一番最初に以下の文章が。
「昔から男物のきものはお召か紬の先染め(糸染)と決まっており後染(生地の上から柄を染めあげる)きものは芸人さんのお召しになるものと言われておりました。」

・・・って、竺仙さんは基本染物のお店なのでは。

そして、その後は、以下のように続いています、
「そこでこの度男性がお召しになっても派手さの無い渋味のある着物を染めあげてみました。」

サイトに紹介されている男物は江戸好みの渋いもので、竺仙さんとしては「満を持して男物を発表」ってことなんだと思うけど、売る立場の竺仙さんが、「後染めのきものは芸人さんのお召しになるもの言われておりました」とまでいうのを読むと、やっぱり「あー、やっぱり男で染の着物って難しいんだな」って思う人もいるのでは。

自分が作っているのに、男性に素直に染めの着物を勧められない、竺仙さんの不器用さというか正直さ!

江戸っ子は、大変です。

竺仙さんの染めの男もの、個人的には、紬の長着の上に羽織として着ると、いいのでは、と思います。 (素材は縮緬です。)

特に堅めの紬だと、お対にすると、ちょっと厚ぼったくなるので、羽織を染めの着物にするとちょうどいいのでは。羽織が柔らかくても下が堅いと、なんというか、あまりなよなよした感じにはならないと思います。

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村