きもの男子通信

歌昇さん・種之助さん勉強会「双蝶会」@国立劇場

に行ってきました。



演目はなんと「大蔵卿」と「吃又」!
どちらも難しい演目。





ポスターで見ると、なんだかちょっとあどけない、ような。

席は1列目の右端だったので、ちょっと見にくい
かなと思ったのですが、小劇場なので大丈夫でした。
というか、義太夫と三味線がすばらしかったので、とても良かった。

大蔵卿の太夫は、竹本愛太夫さん。
格調の高さと迫力に圧倒されました!

舞台に最初に現れる鬼次郎(歌昇さん)とお京(米吉さん)。
米吉さん、こういう年増もいける!っていうかすごくいい。
絶世の美女の役じゃないし、拵えも地味なんだけど、綺麗。
まさに、歌舞伎の女形の美!
歌昇さんのさっぱりした鬼次郎もぴったり!
お似合いの演技と踊りが合わさった動きが美しい。

常磐御前(壱太郎さん)、優雅な雰囲気はあると思うけど、あのお化粧は、もともとああいうものなのかしら。すごく気になる。
大蔵卿(種之助さん)、うーん。ちゃんとやっていらっしゃるけど、もう決まっている「大蔵卿」のお芝居の動きを一つ一つクリアしている、みたいな「段取り」感がある、ような。いや、実際段取りはあるだんろうけど、それが段取りに見えず、もっと自然に流れるようだといいと思う。

「吃又」。こちらの義太夫は葵大夫さん。細かな感情の現れがすばらしい!
歌昇さんが吃又で、種之助さんが女房おとく。
このコンビはとても良かった!
種之助さんのおとくは最初から達者だなー、と思う一方、歌昇さんは最初、吃又にはイケメン過ぎでは、と感じたけど、吃りながらしゃべり出してからはすごかった。ある種現代劇的な演技が、舞台に強い緊張感をもたらしてました。そして、種之助さんと二人、この世に二人っきりというのが、ひしひしと感じられた。(本当は周りの人も二人のこと、気にかけてるんだけどね。でも、吃又とおとくは、主観的には二人きりと感じてると思う。)

だけど、土佐の名前をもらってからは、もっとスピード感が欲しかった。着替えるところとか、とても長く感じてしまった。こちらも私にはやっぱり段取りに見えてしまった。

今回の勉強会、全体としては、もう、ここまで出来るんだ!という驚き。

そして、米吉さん。可愛いだけじゃないことを改めて実感。
(可愛いのももうちょっと見ていたいですが)

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

着物と「普通」でありたいという欲望

オンライン版のGQに載っていた、河毛俊作さんのエッセイ「”普通”でありたいという欲望」、とても面白かった。

自分がなんとなく感じていたことが言語化された感じです。

河毛さんは、本当におしゃれな人。著書「一枚の白いシャツ」は、河毛さんのストイックな男性ファッション観と、その実践のための具体的なアドバイスが載った素敵な「実用書」でした。


以下、「普通でありたいという欲望」の超要約です。
xxxxxxxxxxxxxxxxxx
近代化というのは”普通の人々”を創造するということでは。(江戸時代、士農工商という身分制度が存在したが、あるクラスが「普通」という意識はなかったのでは。)
明治時代になって職種を横断して”中産階級”というものが誕生。

普通というのは新しい美意識を生んだ。
たとえば、「人からじろじろ見られるようでは良い趣味とは言えない」というボー・ブランメルの登場。
私達が良い趣味だと思うものは、服であれ食器であれ家具であれ、大抵は普通のもの。普通とは”過剰”でないこと。
勿論過剰でなければ良いというものではないし、普通のものでも良いものと”つまらないもの”もある。

”良い”普通のものの条件とは何か?

適正な価格であるのが最低条件。そうなると多くの人が手にすることになる。たとえば、車なら、自分が運転しているのと同じ車に街で何度もすれちがうと、少しだけ嬉しい気持ちになれるのが普通の良いものである条件。フォルクスワーゲン・ビートル、ミニなど。
xxxxxxxxxxxxxxxxxx

うーん。これを読んで「普通に」おしゃれな男の人が着物にあんまり参入してこない理由がわかったような気がした。

「人からじろじろ見られるようでは良い趣味とは言えない」という美意識の人は着物を着るのを躊躇するんだよね。

そして、「人に見られると嬉しい」とか、「ルールはどうでもいい」、「モテたい」、「着物は普通じゃない自分を表現するためのツール」みたいな人の方が参入しやすい。

その結果、
「男性の着物=奇抜」みたいな印象が強まる→「普通」におしゃれな人はさらに敬遠→より奇抜に・・・
という悪循環に!

明治以降、男性の着物で紬が流行したのは、着物の世界にも近代の「普通でありたいという欲望」があったからだと思う。
当たり前だけど、昔の人の多くは、目立ちたいから着物を来てたわけじゃない。

私はこのブログの紹介文で、「ワードロープの一つとして、きものを普通っぽく着たいと思っています」といってますが、「着物だと注目されてうれしい」と正直に語っちゃう人をみると、自分の隠れた本性を見せられたようで、痛恥ずかしい気持ちに。

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

Y. & SONS(ワイ&サンズ)のポップアップストア@新宿伊勢丹メンズ館

今年も、新宿伊勢丹メンズ館一階で、Y. & SONS(ワイ&サンズ)のポップアップストア、やってます。

このポップアップショップでは、Y. & SONSの浴衣と、伊勢丹メンズの他の売り場から選ばれたサンダルやバッグ等の小物も展示されているので、いつもの神田明神のお店とはまた違ったコーディネイトが見られます。



二週間の期間限定なのにすごく立派な売り場なのも驚き!



「スタイリッシュすぎのはちょっと難そう」と思う人もいるかもしれないですが、今年は、全体的にアウトドア・スポーツ寄りなので、大丈夫!



お客さんも本当に多くてにぎわってました。

11日(火曜)までなので、お早めに!

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

この人にKIMONO姫になってほしい!・・・ジャネール・モネイ

Youtubeで、もんのすごく可愛いアーティストを発見!

ジャネール・モネイさんです。

まず、この映像を見て!



なんという可愛さ!
なんというかっこよさ!
なんというおしゃれさ!

ヘアスタイルもファッションも歌もダンスも素敵すぎる。

80年代後半の雑誌「オリーブ」を彷彿とさせるような。
(当時のオリープの外人モデルは、ほとんど白人だったけど、雰囲気として)

ヘアスタイルとメークはこのままで、KIMONO姫みたいなかっこをしたら、絶対素敵なはず。


なんとなくヨーロッパぼい感じだな、と思ったら、ロールモデルはグレース・ジョーンズとジョセフィン・ベーカーなんですって。納得!
確かに、それをガーリーにした感じ。

私だけ(?)が知っている秘密のアイドル、と思っていたら、アメリカ(というか英語圏)では超有名でした。

グラミー賞のステージやホワイトハウスでパフォーマンスしてます。

そして、アカデミー賞を受賞した「ムーンライト」にもとてもいい役で出演しているので、当然オスカーのレッドカーペットにも!

"We're not in Kansas anymore"

Janelle Monáeさん(@janellemonae)がシェアした投稿 -




キャー

こういうのも

ひゃー、可愛い!

最初は、タキシードがユニホームだったそうだけど、今はフェミニンなかっこも多いみたい。

そして、ファースト・アルバムは、METROPOLIS SUITE「メトロポリス組曲」。
「28世紀のメトロポリスで人間に恋をしたアンドロイド」って、超コンセプチュアル!



こちらの方のブログに詳しい解説が・・・

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

乱歩も「新派大悲劇」に・・・黒蜥蜴@三越劇場

行ってきました。

そして会場の三越劇場は1927年(昭和2年)開場で内装がクラシック。舞台装置の雰囲気と色調もその三越劇場の内装に合わせていてるので、劇場全体が舞台と一体になったように感じられます。







最初に現れた刑事役の永島敏行さんは、観客席に向かって「日本最初の地下鉄、銀座線に乗って三越劇場までいらした、帝都東京の小市民の皆さん」と呼びかけます。

そう、観客は乱歩の怪人たちが暗躍する昭和初期の帝都東京の一般大衆に見立てられているのです。
(銀座線は1927年/昭和二年開通。そして、「小市民」の方々が、住んでいそうな東横線の開通も昭和二年。)

「帝都東京」と地続きの日本橋の三越劇場ならではの演出に期待が膨らみます。

さて、続いて怪人二十面相はじめ乱歩の怪人たちが集まる秘密のパーティーのシーン。「乱痴気騒ぎ」という設定なのですが、ぎこちない。舞台がなかなか暖まらないというか。新派の方々はがんばっているけど、真面目すぎてやっぱりこういうの向いてないような。理性が邪魔しているというか。

新派の世界って、「人にはそれぞれ事情があって、一見自暴自棄になってるように見える人でも、それには深ーい理由がある」、というような世界観、だからね。

しかーし、そこに雪之丞さんの女盗賊黒蜥蜴が銀色のキラキラの着物で登場すると、一気に乱歩の世界に!

上演後の茶話会で、雪之丞さんがこの衣装(自前だそう)を「ミラーボールみたい」とおっしゃっていましたが、まさに雪之丞さんの登場で舞台が照らされた感じ。今までぎこちなかった他の登場人物も生き生きしてきた。

その後の舞台も雪之丞さんの輝きに照らされていました。しかし、雪之丞さんがいなくなると・・・
でも、ほとんどの場面で雪之丞さんは登場するので大丈夫。

再度辛くなるのは、通天閣の近くの化物屋敷での怪人たちの乱闘。ごめん、新派の方々、やっぱりこういうの向いてないよー。最大限頑張っていたけど。エグザイル劇団の人がむしろこの場面を支えていたかも。

でも途中で歌舞伎の「だんまり」みたいなシーンがあってこれは良かった。「だんまり」というのは真っ暗(という設定の)舞台で登場人物たちが、スローモーションで手探りするというもの。
ここはみなさん上手にできていて安心して観れた。様式って素晴らしい。

<ここからはネタバレなのでこれから観る予定の人は読まないで!>

お芝居の方は、船から人間椅子を海にドボン、秘密基地の恐怖美術館などなど、ほぼ私たちの知ってる黒蜥蜴の筋に沿って進んでいきます。

黒蜥蜴といえば思い出す、黒蜥蜴の手下、「緑の亀」は登場せず、誘拐される令嬢早苗さん付きの女中で実は黒蜥蜴の手下という新キャラクター、はるさんが活躍。

劇中で、黒蜥蜴が、嘘とも本当ともつかない調子で、明智小五郎に、華族の令嬢として育てられた幸福な子供時代を語るシーンがありますが、はるさんはその頃から黒蜥蜴に仕えていた、らしい。

早苗さんを剥製にしようとするところは、原作と同じですが、気絶した早苗さんを見て、黒蜥蜴が「姉にそっくり」といい、はるさんも「本当に」といいます。

さて、黒蜥蜴のアジトには黒蜥蜴とはるさんしか入れない秘密の部屋があるのですが、最後、追い詰められた黒蜥蜴が毒を飲んで死ぬラストシーンで、その扉が開きます。
するとそこには、黒蜥蜴が語ったのとそっくりな幸せそうな家族の人形が!

そう、黒蜥蜴が早苗さんを剥製にしようとしたのは、姉に似た早苗さんを加えて、家族像を完成させるためだったのです。

乱歩が、突然「新派大悲劇」に!

わたくし、泣いてしまいました。

新派は不滅だった・・・

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村