きもの男子通信

Y & SONSのレセプションでT-Michaelさんに会えた!

先日、Y & SONSのレセプションへお邪魔しました。
この日は、Norwegian Rainというコートのブランドのデザイナー、T-Michaelさんがいらっしゃるとのこと。
https://norwegianrain.com
こちらのコートは本当にかっこいい。ご本人も!

@tmichael_bergen @yandsons #kimono #tkimono

矢嶋孝行さん(@t.yajima_)がシェアした投稿 -



着物のために作られているわけではないのですが、着物にも合う感じで、Y and Sonさんで取り扱いしています。

着物にもいいけど、ケープっぽいタイプのはドラマチックな感じがするので、フォーマルなスーツに合わせて、オペラとかに行くのもいいかも、と思います。

私はスーツで伺ったのですが、T-Michaelさんに「いいスーツだね」と話しかけらました。
CAIDさんでオーダースーツを着ていって良かった!
なので、CAIDさんのお店のことも話しました。「来日中に是非行って!」と力説。
T-Michaelさんはすごく知的な方で、着物とスーツについて色々お話ししました。
私は「世の中、みんなNIKEみたいなかっこになるのでは(と心配)」みたいなことを言ったんだけど、
T-Michaelは「大丈夫。揺り戻しがあると思う」とおっしゃってました。

この間このブログで、着物からコスプレ感をなくすには、「今」のものを一緒に持つといいかも、みたいなことを書きましたが、Y AND SONSはまさにそれを実践。

着物の他に、旬なブランドのものを着物に合わせることを提案しています。
日本のモードなブランド・・・KIJIMA TAKAYUKIの帽子とか、コムデギャルソンのお財布とか、N.HOOLYWOODのVネックTシャツとか、英国のジョンストンのストールとか、フォックスの傘とか。
驚きのラインナップ!

伊勢丹のポップアップショップの時も、伊勢丹のいろんな売り場のバッグやサンダルなどを組み合わせていて、面白かった。

会場には、Y & SONSの母体(?)である「やまと」の別ブランド、THE YARDの人も来ていらした。
http://the-yard.jp
Y & SONSがモードだとすると、YARDはリアルクローズと言う感じ。
サイトを見たけど、とってもいい!
洋服でいうとセオリーみたいな感じで、よりクリーンで静かな感じ。
このコートなんか素敵だと思う。


久々にファッションとしての着物を感じました!

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

かっこいい!浅野さんの帯と奥順の結城紬のコラボ@代官山ヒルサイドテラス

織楽浅野さんから、ご案内をいただいて、行ってきました。

今回は結城紬の奥順さんとのコラボ。

フォーマルから洒落着までのコーディネートです。

今回浅野さんの帯はいつもより、ちょっと「かわいい」かも。でも、やっぱりかっこいい。

フォーマルは、無地ぽい結城紬ですが、胸や裾に刺繍やぼかしがあったり。「地空きの多い付け下げ」という感じです。




洒落着もまたおしゃれ。モダンな印象です。




季節柄か縮みも多かったです。より軽やかな印象。

会場にいらした、奥順の若い方(女性)が着ていた縮みの石毛紬。ベージュの無地の長着と黒の羽織の組み合わせで、すっきりとしてました。黒の羽織って、フォーマル感が強いけど、素材の質感で程よくカジュアルになっていてよかった。

この日展示されていた着物は、奥順さんがはじめられた着物のお店「澤屋」のオリジナル商品。(奥順さん自体は問屋さんなのです。)

絣の技法を競うより、素材の良さ、デザイン全体のバランスを重視している感じがしました。
結城紬の色無地のオーダーもできるそう。
お値段は、高機なら夢じゃないかも。(もちろん地機でも夢じゃない人もいると思いますが。)

洒落紋の一つ紋にしたら、帯次第でちょっとしたお出かけから、フォーマルまでカバーできますね。

たとえば・・・
更紗の帯で、洒落着。
袋帯で、フォーマル。

まあ、「おおよそゆき」だったら、柔らかいもののほうがいいかもしれませんが。会場との兼ね合いもありますし。

男性なら、お対にして、羽織にだけ縫紋入れれば、ほとんどのTPOをカバー。
(お茶をやってる人は、長着にも縫紋入れた方がいいかも。)

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村



Y. & SONS(ワイ&サンズ)のポップアップストア@新宿伊勢丹メンズ館

今年も、新宿伊勢丹メンズ館一階で、Y. & SONS(ワイ&サンズ)のポップアップストア、やってます。

このポップアップショップでは、Y. & SONSの浴衣と、伊勢丹メンズの他の売り場から選ばれたサンダルやバッグ等の小物も展示されているので、いつもの神田明神のお店とはまた違ったコーディネイトが見られます。



二週間の期間限定なのにすごく立派な売り場なのも驚き!



「スタイリッシュすぎのはちょっと難そう」と思う人もいるかもしれないですが、今年は、全体的にアウトドア・スポーツ寄りなので、大丈夫!



お客さんも本当に多くてにぎわってました。

11日(火曜)までなので、お早めに!

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

男性きもの専門店、Y & SONS@神田明神のパッケージ

先日初めて神田明神前の男性着物専門店、Y & SONSで浴衣を買いました。

Y & SONSは、モダンでモードなお店ですが、実際に仕立てると、さらに色々なことが分かりました。

まず、仕立て上がるとメールでお知らせが。もともと予定通りの日だったのですが、メールでお知らせがくると嬉しいし、すぐ取りに行く気にもなります。

そして、お店に伺って、パーケージをみてびっくり!

箱はこんな感じです。


横に中身が書いてあります。


かなり厚みがあるので、浴衣一枚だけ入れるのはスペースが勿体ない気がしますが、お対(長着と羽織のセット)と長襦袢と帯を一式しまっておくと、ぱっと取り出せそう。
そんな箱が、

1. 袷のお召しのお対
2. 袷の紬のお対
3. 単衣の長着と紗の羽織
4. 夏物と浴衣
と4つあれば、オールシーズンをカバー!

まあ、とりあえず、1か2だけでいいし、浴衣シーズンだけと割り切って4だけでもいいと思います。

夏物だけ?と思う人がいると思うけど、夏は浴衣を着てる人が多いので、今の時代、街中で着物を着ても一番違和感のないシーズンでは。なので、着物は夏物から、というのもありだと思います。

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

道明のネクタイ@伊勢丹メンズ館

上野池之端の「道明」は、帯締めや羽織紐で有名な組紐のお店です。
その「道明」が新宿伊勢丹メンズ会で、ネクタイを売るという催しがあり、組紐作りの実演もあるとのことなので、行ってきました。

道明は1652年創業で、江戸時代は刀の下緒などを主に取扱っていたそう。
明治期以降は帯締、羽織紐を主に取り扱っています。
ちなみに、組紐が、帯締めとして使われるようなったのは、結構新しくて、明治以降。
白洲正子さんの本によると、白洲さんのお母様や九条武子さんが組紐を帯締めにするのを流行らせたそう。

今も、「帯締めは絶対道明」、という人は多いみたい。
関西からも買いにくる人がいるそうです。

自分も、道明の羽織紐をいくつか持っています。
最初に買ったのは、紺地に茶色のドットになっているもの。凝ったものなので、値段も3万円以上しました。
(その頃は着物について、かなり頑張っていた。)

せっかくなので、最近よく着ているこげ茶の結城紬のお対に、多分15年ぶりくらいにその羽織紐を付けて、伊勢丹へ。



一階のネクタイ売り場には、組紐を作るための組台が置かれていて、職人さんが組紐をつくっていました。私が近づくと、がたがたっと組台から降りてきて、それは「それはこちらの家康の助真の拵ですね」と一言。助真というのは、徳川家康が持っていた刀の名前だそうです。(今は日興東照宮の神宝として伝来しているとのこと。)
その刀に使われている紐と同じ組み方の紐だと言うことです。
ネットで調べてみると、「助真」の説明に
「下絡は本来茶と紺の打まぜ目一の口が添えてあったが、現在は紺糸の部分だけがわずかに残っている。」
とありました。
参考「とちぎの文化財」http://www.tochigi-edu.ed.jp/center/bunkazai/1113001.htm

なるほど・・・

伊勢丹の売り場には、「道明」の当代(お若い)とお母様も見えられていました。
色々お話をお聞きしたところ、池之端のお店は建て直されたそう。(あとでネットで調べたら、とてもモダンなビルになっていました。)

ネクタイは、普通の長いのと、ボウタイ(蝶ネクタイ)があります。
私は、ボウタイの方が立体的なので、組紐の良さが生かされる気がしました。
形も指で調節できるし、かなりいいと思う。

自分の羽織紐と同じ配色のボウタイを購入!



今度、付けてみます。

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村