きもの男子通信

紬屋吉平六代目女将、浦沢月子さんのこと

浦沢月子さんは、もと芸者さんから6代目紬屋吉平の女将さんになったということなので、何となく、呉服屋の若旦那が花柳界で月子さんと知り合った・・・ということなのかなー、と思っていたのでした。

でも、実はお二人が知り合ったのは、東京製綱の職場なのだそうです。戦争中、旦那さんとなる政二さんは微用工、月子さんは女子挺身隊として、東京製綱で働いていたそうです。

戦争後も、政二さんは東京製綱でサラリーマンをしていて、その後、お舅さんから、お店を再開するように勧められのだそうです。

お子さんもいらして、呉服屋さんとしての接客も初めて、織物についての知識もないところから始められたとのこと。

睡眠時間を削って自分で機織りをしたり、農村に行って絣の模様の取材をしたり(月子さんはデザインもなさるのです)、ものすごい努力の人。

そして同時に、浅草で生まれ育ち、銀座でお店をなさっている月子さんは、都会の人の目を持っている。

闇雲に「作るのに技術や努力が必要だからすばらしい」というのではなく、作る人に敬意を持ちつつ、最終的には着て「おしゃれか」どうかということが大事だと知っている。

織る側の人のこと、着る側の人のこと、その両方を知っている希有な方だったのだと思います。

「すみれ庵」さんのブログに、月子さんについての記事と雑誌に載っていたお写真があります。是非読んでみて!

※ にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

立川談笑師匠の着物の包み方と「オツじゃない」発言のかっこよさについて

ネットで、立川談笑師匠の着物の着方の動画をみつけました。

ごく普通のサイズのバックパックから着物、袴一式を包んだ風呂敷を取り出すところから始まります。
そのコンパクトさにびっくり。かっこいい! 袴も入っているのに。

実は、私は先日、袴の入るバックをデパート買ったんですが、ものすごく大きくて、なんか「お琴でも入ってるんか」、って感じでした。やっぱり荷物は小さくしたい。特に男の人は、会場まで洋服で行って、着物に着替えることが多いので、いろいろ工夫してみたいです。

談笑師匠は、風呂敷包みをほどいたあと、下着姿になって着物の着方を紹介するのですが、そのとき「私が一番オツじゃないのはこのシャツ!」とおっしゃる。師匠は着物用の肌着じゃなくて、普通の丸首シャツのクビを裂いたものを着てるんだそうです。でも、この言い方がいいじゃない?

自分で「粋です」とか言っちゃう人より、断然かっこいい!

※ にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

牧瀬里穂さんの着物ワードロープ

きものSalon('10-'11 秋冬号)に紹介されたいた牧瀬里穂さんの着物ワードロープ、バランスがよかったです。

・志ま亀の淡い若緑色の訪問着
・同じく志ま亀の黒地のかなり大きな柄の小紋
・珊瑚色の鮫小紋

この三枚で礼装からちょっとしたお出かけまで、ほとんどの場合がカバーできそう。しかも色もかぶってないし。
賢い!
そして一番良く着るのは鮫小紋だそう。なるほど。
お手本のようなワードロープです。

ただ、どれも若々しくかなりお嬢様っぽい。昔なら20代、今でも普通なら30代前半までという感じかな。
牧瀬さんは、39歳だが、ぜんぜんそうはみえないのでOKですが。

でも、これからはどうするのかなー、と思っていたら、
「水野博さんの加賀友禅が着てみたい」とのこと。さすが。
華やかな40代が待っていることでしょう。
幸あれ!

※ にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

ショートヘアにパンツスーツで芸者さんに見える! 江利チエミさん

江利チエミさんの歌う「さのさ」の映像をYOUTUBEで見ていたら、こんなのを発見。


傘一本で、日本情緒を出してるのが素敵です。
手の動きが綺麗。スカーフが着物の袖に、パンタロンがお引き摺りに見える!
歌い方にも所作にも邦楽(J-POPのことじゃないよ)の素養があるのが感じられます。

芸者姿で「さのさ」を歌っている映像もあるのですが、このパンツスーツにショートヘアのが一番おしゃれ、だと思います。

※ にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

ネットで読める豆千代さんの着物アドバイス

先日もご紹介した豆千代さんの、初心者向けの着物アドバイスがネットで読めます。
「日経ウーマン」のサイトの「豆千代流きものはじめ」です。

初心者だけでなく、ずっと着物を着ている人でも、なるほど!と思うアドバイスが満載。女性だけでなく、男子にも参考になります。

なんと31回(!)もあります。
最初から読むのが一番だと思いますが(一回づつは短いのですぐ読めます)、特にお勧めは・・・
第16回 最初の1枚には何を選べばいいの?
 よく勧められるのは色無地? でも、豆千代さんの選ぶ一枚はかなり意外です。でも「モダン」着物をはじめるには最適の一枚だと私も思います。
第17回 着付け
 着付けの方法は一切書いてありません!でも、とても大切なアドバイスが!
第18回 自分に似合うバランスを把握するには?
 一人一人の個性を大事にする豆千代さんならではのアドバイスです。
第30回 着物ライフであなたは変わります
 もう、着物を着ている人なら、「本当にその通り!」と思うはず。
第31回 最後に
 ここには、ほんとうにほんとうに一番のアドバイスがのっています。

なんだかたくさんになってしましましたが・・・
さらに一つだけ選ぶとすると、やっぱり最終回の第31回です。(豆千代さん、ごめんなさい。でも、大丈夫。この回を読んだ人は絶対全部読みたくなるはずです。)

※ にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村