きもの男子通信

visvimの下駄

先日、伊勢丹に行ったら、visvimというメンズのブランドのコーナーに下駄がありました。値段は5万5千円くらい。


「一本の桐の木から削りだしたから、板と歯に継ぎ目がなく、歯の底にはビブラムソール!鼻緒はゴ-トスキンを徳島の藍染め職人が一本一本丁寧に染め上げた」
のだそう。

歯の裏にゴムのようなものが張ってあって、「木のクズが出ないようにしてるのかなー」、と思ったけど(自分はそうしてる)、違うみたい。ビブラムソールなんだね。しゃれおつですよ。しゃれおつ。

「一本の桐から削りだし」は、結構ふつーだと思う。むしろ柾目で値段が決まるのでは。柾目は正直5万円のには見えなかった。

visvimがどういうブランドかというと、伊勢丹のメンズ館の二階にあって、JUNYA WATANABEと同じくらいの扱い(独立したコーナーになっている)を受けてます。(ごめん。こんな説明で)

で、この下駄については、いいものだとは思うけど、高いねー。

浅草の辻屋本店の5千円の駒下駄じゃだめなのか。だめなんだろうね。それがモード。

むかし、辻屋本店の人に、10万円の下駄と5千円の下駄の違いを聞いたら、木の違いだと言ってました。「作り方も違うんですか?」と聞いたら、「おんなじだよ」とあっさり答えてくれました。もったいぶってないからねー。

visvimの人たちが浅草の人たちにはできないことをやるのなら、それはそれでいいことのような気がします。

でも、洋服に浅草の履物屋さんの下駄を合わせるのも、いいと思うよ。

※ にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

札幌で冬用の下駄を・・・

札幌に行ってきました。

テレビ塔

札幌の履物屋、「現代屋」さんは、冬の履物が充実してます。
まだシーズンではありませんが、色々出してもらいました。

色々考えて、アザラシの毛皮の爪皮のついた津軽塗りの下駄に決定。
yukigeta.jpg

ちょっと東京では大げさかもしれないけど・・・・

防寒用の草履なども各種あります。

※ にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いところがありましたら、下のボタンのクリックをお願いします。(クリックするとランキング一覧に飛びます。)

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村