きもの男子通信

精好仙台平の袴

先日、ネットでリサイクルの袴を買いました。重要無形文化財技術保持者の甲田さんが織った精好仙台平の袴です。




そうすると、新品はどんな感じなのかなー、と気になり、先日、日本橋三越に行った時、仙台平を見せてもらいました。

仙台平って、いまでは甲田さん親子しか織っていないそうで、そんなに数もないのですが、さすが三越、「仙台平がみたい」というと、何反も出してくれました。

甲田さんのでなくても、縞の袴地を「仙台平」と呼ぶ人もいるので、「こちらは甲田さんのですか」と聞くと、「仙台平というのは甲田さんのだけです」ときっぱり。

仙台平というと縞というイメージをもっていましたが、実は紋織や無地などもあります。

値段は20万円代から100万円くらいとのことで、思っていたよりリーズナブル(?)でした。

縞の仙台平って、紋付とかじゃないと合わないので、結婚式(自分の)とか、叙勲のときぐらいしか、着る機会が思い浮かばないけど、どっちもなさそう。やっぱり無地のが欲しい!

※ にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

蟹と石・・・袴紐の畳み方

仕立て屋さんに、袴を直してもらったのですが、そのとき、袴紐の畳み方を2種類教えていただきました。

hakama tatamikata

上が「石だたみ」で、下が「蟹だたみ」というそうです。
(ネットでは、上を「井桁結び」、下を「出世結び」と紹介しているものが多いようです。)

特に蟹結び・・・美しい!
当然、結び方は覚えていませんが、本などを見ながらやると意外にできます。

袴をはくのは割りに簡単ですが、たたむのがちょっと大変。

袴のはき方、畳み方について、分かりやすいのは、男性着物のネットショップ「あめんぼう」さんのサイトだと思います。こちらのサイトは木綿など普段着や、小物(半襦袢等)を扱っていて、着物の着方の説明等も分かりやすい。
商品も説明もお勧めです!

※ にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、役に立った!と思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村