きもの男子通信

再考・・・「染模様恩愛御書」

この間「やっぱりダメだと思う・・・BL(ですらない)歌舞伎:染模様恩愛御書」という日記を書きましたが、その後、「徹子の部屋」で染五郎さんがいいこと言ってたという話しを聞き、またパンフレットを読むと、全体的に、前回の公演のときのように、「BL、BL」とはしゃいでいる感じでもなく、染五郎さんもまじめに演じているようなことをおっしゃっているので、「あのヘンテコな演技は本人達としてはマジめにやってるんだー」と思い直した・・・つまり、先日の日記で『とにかく、男同士の愛は「笑い」「キモい」っていう前提があると感じた』と書いたけど、本人たちは笑わせようと思ってるわけではないのかー」と考えたのですが・・・

しかし、その後で、染五郎さんが最近出した「歌舞伎のチカラ」 という本を読むと、「染模様恩愛御書」のことが出ていて、その章の最後に、「最後にこれだけは、言っておきたい。僕はBLではありません。」みたいなことが書いてあって、怒りが再燃。
歌舞伎のチカラ歌舞伎のチカラ
(2010/03/26)
市川 染五郎

商品詳細を見る


それが「最後に言いたいこと」なの?

映画「パッチギ」に出ている俳優さんが、「最後にこれだけは言いたい。僕は在日ではありません」っていったら、どうよ?

がっかりしました。

※ にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト