きもの男子通信

今回はちょっとおとなしめ? 「美しいキモノ」2010年夏号 その1

なんというか「王道」って感じでした。
ちゃんとしたきものがちゃんと紹介されているというか。でも、ちょっとおとなしめかなー。
いとうせいこうさんの男性きものについての連載を除いて、自分には、グっと来る記事がなかったかも。

強いていうと(←エラそう)、「わたしたち、『きもの・ガールズ』!」という連載の、「カジュアルに決める夏きもの作戦」という記事が「現実的」な感じで、好きかな。
特にポーラ(p61)や綿麻(p62)を取り上げているのが、好感持てました。一ページずつくらいでしたが。
ポーラは、ちょっと透けるシルクウールで、初夏の「ちょっとしたお出かけ」にいいと思う。(前にも書きましたが)自分ももってます。「民芸ポーラ」というブランド(?)です。こんな感じ。
ポーラ反物

5542211_3410280257.jpg

着る時期は、5月の暑い日、6月、それと7月上旬の麻はちょっと寒々しいってときかな。
下には、私は白の絽麻の襦袢を着ます。これは夏の麻の着物にも使える。

男子の場合、ポーラと7月、8月用に小父谷縮の着物があれば、夏の普段着~ちょっとしたお出かけはOKだと思う。
女子も、これに絽の付け下げとかがあれば、大体イケるんでは。

「雨の日の装い」は、もっといろいろやって欲しかった。いろんなアイデア特集とか。
明るめでシンプルなコート生地がいろいろ紹介されているのは(P260-261)、よかったです。ゴアテックスもあった。
いろんな方のコート姿が紹介されていた中で、私は「伊と忠」の女将・伊藤弘子さんの黒地に細いストライプのコート(P265)、モダンでいいなーと思いました。蛇の目傘をもっているんだけど、すっきりして、モダンな感じなんです。コートを考えてる人は、ぜひ見てみて!

※ にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト