きもの男子通信

獅童さんのヤンキーな一心太助がラブリー・・・新橋演舞場 10月花形歌舞伎 

新橋演舞場 10月花形歌舞伎 

一、「義賢最期」

愛之助さん、前日に、偶然、週刊女性みたいな雑誌で、隠し子とか、サトエリ捨てつかこうへいさんの娘さんと熱愛(ってよく言うけど、「熱愛」って何?)とかいう記事を読んでいたので、微妙な気持ちで見はじめたのですが・・・

愛之助さん、すごいです。
ものすごい立ち廻りでした。
これ毎日ライブでするって・・・あざだらけになりそう。
そして気品もあり、ただの暴れん坊じゃないの。

二、「菊人形」
箱の中から人形役の笑也さんが登場すると、客席から、「きれいねー」のざわめきが。
右近さんもかわいい。

三、「御存知 一心太助」
110929ebi02.jpg


一心太助役の獅童さん、役作りがすごかった。
「まじぇ」とかいいそうな、語尾がゆるい80年代的スイートなヤンキー。
マッチとトシちゃんをブレンドしたような。

女の子が好きなヤンキーというか。

かわいいー。

まあ、役からいってもぜんぜんそれでいいと思う。

ただ、ちょっと大衆演劇っぽ過ぎるような気もした。
このまま続けて獅童さんの「歌謡ショー」が始まってもおかしくないような感じでした。

女房お仲を演じる亀治郎さん・・・

今時めずらしい、男っぽい女形。(つまり、絶対女に見えない)
それはそれで味かもしれないけど、獅童さんの今風の役作りとミスマッチな気がしました。
獅童さんに合わせるなら、ギャル女房。
でも、向いてる人いるかなー。
しのぶさんは、アイドルみたいにかわいいけど、ちょっとかわいすぎるし。
「ギャル女房」っていうキャラがあんまり、歌舞伎に登場しないからか。

あ、前に書いたけど、藤十郎さんの曽根崎心中の「お初」はすごくギャルだった。
やっぱり本当の先駆者なんだと思う。

※ にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト