きもの男子通信

きものの髪型(女子編)

友人(女子)が、結婚披露宴に出席することになり、和装が得意な美容院で着付けとヘアメイクをしてもらいました。

素晴らしい着付け!ヘアもすっきりまとまってました。

でも‥ちょっと別人みたい。
玄人、とはみえないが、なんというか、邦楽の人、みたいな感じ。

もっと本人らしさを残せたら、とも思った。

きものの世界では、玄人、素人って、むかしから大問題。

「垢抜けたい、だけど玄人っぽくなると困る。だけど野暮ったいのは嫌。」(以下、繰り返す)

平松昭子さんの名著「着物事件簿」でも、「セミ玄人」を目指しいる、と書いていらっしゃいました。

髪はそれがはっきりでる部分だと思う。

「きもの美人になる!ヘアスタイル」という本では、
奥様+芸妓=梨園
って書いてあって、なるほどーって思った。

そう思ってる人は多いらしく、ネットの掲示板にこんな発言が‥

概してホステスさんが利用できる場所にある 美容院は和装ヘアに慣れてます。(新宿・銀座周辺とかも)
ただ、「歌舞伎役者の奥様のように」としっかり伝えないと、ばっちりきまった 粋目の髪になりますが。


でも、美容師さんに「歌舞伎役者の奥様のように」って、かなりー言いづらいよね。

ちなみに、「私のきもの生活」という本で紹介されている、藤間紀子さん行きつけの美容院、「ビューティナカタ」さんは、
「風に吹かれ、空気を含んだように。結い上げても、柔らかく自然に見えるような品のある髪型に」をモットーにしているそうです。

「空気を、含んだよう」
「柔らかく自然」
というのが、いわゆる「玄人」の髪型との違いのポイント、という気がします。

※ にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト