きもの男子通信

西陣織の展覧会「織三蹟」展@代官山

京都西陣の織屋さん、捨松さんから、3月6日から11日まで代官山ヒルサイドテラスでの展示会のお知らせをいただきました。


西陣の織屋三軒:お び弘さん、帯屋捨松、織楽浅野さん合同の展示会で、

平安時代の書家:小野道風・藤原佐理・藤原行成の三蹟に学び、その和様の美しさを自分たちの織に問う機会を求めて「織三蹟」展 を開催させて頂きます。

とのこと。


和様の書の世界を、織で表現。どんな展示なのでしょうか。

以前、捨松さんの展示会に伺ったことがありますが、すごく面白かったです。

会場には、沖縄風、ヨーロッパ風など、いろいろな織りの布で作られた帯がたくさんあって、一つの織屋さんの展示会なのに種類が多くて不思議だなー、と思って見ていたのですが、お話を、伺って納得。

こちらのお店では、世界中の色々なデザイン、図案などを勉強して、オリジナルの図案を作られているのです。デザインだけでなく、織り方も色々です。西陣ではどんなものでも織れる、と聞いたことがあります。

色々な国の布をそのまま使って帯にするのも素敵ですが、そこから勉強して、自分で織っている捨て松さんの帯は、日本の着物にちょうど良い感じになっています。もとの織物の良さを伝えながら、どこか優しげで、親しみやすい雰囲気になっていました。

浅野さんの帯は、銀座の「もとじ」さんで見せていただいたことがありますが、とてもすっきりしていて、現代的。浅野さんご自身の着物姿も洗練されていてかっこよかった!なんていうか、着物だいうことを抜きにしても、ファッションとして、洋服のハイブランドに負けないスタイリッシュで旬な感じがあります。特に色使い!隙のない美しさです。

帯弘さんはどんな感じなんでしょうか。まだ、見たことがありません。

是非伺ってみたい展示です。

※ にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト