きもの男子通信

京都に(また)行ってきました。・・・その2

二日目は、いよいよ都をどりに。
3時半待ち合わせなので、その前に美術館へ。

まず最初は京都国立近代美術館。
「オーダーメイド:それぞれの展覧会」という企画展をやっていました。

美術館で展示された作品は、それが置かれる空間やともに並ぶ別の作品との思いがけない出会いを通して、さまざまな意味を生みだし、鑑賞者を豊かな解読の世界へと誘ってくれます。「オーダーメイド:それぞれの展覧会」は、鑑賞者が順路やテーマを選択しながら鑑賞することで、展覧会の見え方が変化するプログラムです。 ここでは当館のコレクションを使って、作品同士がどのように関係づけられ、作品の〈配列=オーダー〉がどのように決定されうるのかを体験を通して考えます。「人生は選択の連続」、観る人それぞれが自分なりの物語を見つけながら展覧会(あるいはその見方)をオーダーメイドするために、美術館に足を踏み入れたところからゲームは始まります。

だそうです。

作品が、時間や地域ではなく、強いて言えキーワードで緩やかにまとめられて、展示されています。

こんな感じ。


はっきりとしたテーマはないんだけど、私は、全体として、現代に生きる人たち・・・特に若い人たちへのメッセージみたいなものを感じました。

それは大声で「がんばれ」というのではなく、現代の人が抱えている不安や困難について「知ってるよ。分かっているよ」という、ほんとうに微かなエール。

傷つきやすい何かを表現しながら、絶望ではなく、どこかに希望が忍ばされている作品が、多かったと思う。

特に印象に残った作品をご紹介します。(特に「撮影禁止」と表示されているもの以外は、撮影可でした。)


都築響一「着倒れ方丈記」






竹久夢二の描いた楽譜の表紙。


岸田劉生


やなぎみわ「フェアリーテール」






澤田知子「SKINHEAD」






澤田知子「ID400」

クシシュトフ・ヴォディチコ「もし不審なものを見かけたら」

@mathewnakamuraが投稿した動画 -


クシシュトフ・ヴォディチコ「もし不審なものをみかけたら」






ダヤニータ・シン「私としての私」




土田麦僊「罰」

同時に開催されていたコレクション展もとてもよかった。

こちらは薔薇のコーナー。


徳力孫三郎「バラ図壷」


浅井忠「薔薇図」


井田照一「La Vie en Rose」


入江波光「梨の花」

いろいろなアーティストの手紙。




これは竹内栖鳳のだったと思う。




こちらは麻を染めた作品。小合友之助。

カフェにはテラス席もあります。


※ にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト