きもの男子通信

香港日記 その3 中国の婚礼衣装はツーピース!でも、名古屋より凄かった。

次の日は、まずHong Kong Heritage Museumへ。

簡単に行けるのかな、と思ったら電車で1時間くらいの郊外。九龍の奥(?)にあります。
新界(New Territorries)というエリアにある沙田(シャティン)という「団地」だそう。
ぴかぴかのショッピングモールとマンションが。でも、いわゆる「香港」のイメージとは違い、広々とした感じ。
東京でいうと、新浦安的とかみなとみらい的な?
こんな世界も香港にはあるんだ・・・


実は、新界は、香港の面積のほぼ90%(!)をしめていて、1970年代くらいからベッドタウンとして開発されたんだそうです。
ここも英国に割譲されていて、香港島や九龍と一緒に返還されています。
前にも香港に来てたのに・・・知らなかった。
まあ、外国の人で、東京に旅行来ても、世田谷区の存在知らない人はいるかも。

Hong Kong Heritage Museumは、政府が管理している博物館のようで、かなり広大な中国っぽい建物です。
私が行ったときは、清朝の皇帝の結婚式の展示と、香港の平民の結婚式の展示をやっていました。





まずは、平民の結婚式の方へ。
平民って言ってもかなり裕福な人達だと思いますが。


展示されている婚礼衣装は結構新しくて1950年代、60年代が中心。






「その頃でもこんな豪華な衣装なんだ」とびっくり。

こちらは少し古いもの。




刺繍やビーズは豪華だけど、形は「ツーピスのスーツ」なので、着るのは、着物の婚礼衣装よりは楽そう。

かんざしです。


こちらは70年代の披露宴会場の再現。


これは披露宴のメニュー。


なんか、見てるだけで、すごいプレッシャー。
「結婚」って半端なく重要なイベントであることがひしひしと感じられます。

花嫁を入れる箱(?)




これは19世紀の婚礼衣装です。


婚礼衣装のお店の店頭の写真。なんとなく日本の呉服屋さんぽい。


花嫁と友人達。美人揃い!


お嫁入りの行列。




こんなシンプルな婚礼衣装も。


こちらは、結婚証明書。
絵入りなのがかわいい!






皇帝の結婚式の方は撮影禁止でした。
こちらも展示の仕方が面白かった。
博物館なのに内装や照明が真っ赤で、中華ムード満点。

「ブルース・リー」展もやってました。(2018年7月までやっているらしい)

ブルース・リーへの愛とレスペクトに溢れてました。
無料のカタログもスタイリッシュ


こちらは裏表紙。


これは目次。


で、後でわかったんですが、私が見たのはこの博物館のほんの一部で、 他に広東オペラや香港のおもちゃの歴史の常設展もあるとのこと。
見なくて残念!

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト