きもの男子通信

北京日記 その6・・・おしゃれエリア、三里屯の夜。そして北京のパンク

さて、夜は北京のおしゃれエリア、三里屯へ。
途中の工人体育場の周辺ももおしゃれ。
ホテルからあるいて行けます。
こんなレトロな社交場も!


その他、レストランとか、クラブとかバーとか。「フーターズ」もあったよ。

昼間の北京では見かけない、おしゃれ不良少年少女がたくさんいます。
ストリート・スナップ撮ったらおもしろそう!
気軽に「写真撮らせてもらってもいい?」って訊けたらなー、と思うけど自分には無理。
(前に原宿の白い内装のシナモンロールのお店に白ロリータの5人組だけが座っていて、「夢か」と思うほどの光景だったけど、写真を撮らせてとは、言えなかった。)

自分が行ったのは、DESTINATIONというクラブ。建物一つがクラブになっています。
中には、ソファーのあるラウンジみたいな大きめの部屋が沢山あって、あとはダンスフロアがあります。

10時過ぎくらいに着くと、みんなソファーで、スマホ見てるるみたいな感じだったんで、ダンスフロアへ。
あまり人はいなかったけれど、なぜかみんな真ん中の大きな円の中に固まって踊っている。
なんでかなーと思って円の中に入ってみると、円の中は、床がグラグラしていちょっとボートみたいな感じになっています。そこで踊ると不安定で面白い。みんなでジャンプするとドーンして、すごい一体感が!

青森の「ねぶた」の「はねっこ」みたいな感じ?(行ったことありませんが)
フロアもどんどん混んできて、おしくらまんじゅう状態に。
面白くてめっちゃ踊った。(変な踊りだったと思うけど、混みすぎててそんなのわからないと思う。)
ゲイクラブなので、男子がほとんどですが、女子もぎゅうぎゅう詰めの中で踊ってます。
てか、安心してワイルドに踊れるので、女子が来るのかも。

というわけで、スカした感じではなく、誰でも楽しめる感じでした。

もしかして、中国の人って最初クラブで踊るのに抵抗があって、こういう仕掛けを導入したのかも。これならゲーム感覚で踊れるし。日本にもあるといいと思う。(あるのかもしれませんが)

あと、ゲイ・クラブではつきものもマッチョの人のダンスみたいなのもあったんですが、こちらはまだ「発展途上」かも。踊ってる人たちはすごくマッチョなんだけど、なんというか、ちょっとはずかしがっているというか、「私、綺麗。見て見て!」みたいなナルシズムが足りないような。それだと見てる人も恥ずかしいのよ。でも、2~3年すれば、すごいビッチになってると思う。

こちらから、DESTINATIONのオーナーのインタビューが見れます。(英語ですが)
http://www.alternativebeijing.com/destination-beijings-premier-gay-club-2/

あと、同じサイトの北京のパンクについての映像が面白かった。漢字とパンクって合うね!
http://www.alternativebeijing.com/in-context-wu-chong-on-beijing-punk/

こちらは中国のパンクバンドSMZB (生命之饼)のミュージックビデオ。




これは文革のときに、投獄・処刑された女性の詩に基づいた歌だそう。


2時くらいにホテルに帰るとカードキーがない!
誰か使ってホテルに入って部屋から何か盗まれたら、それなまだしもホテルのアートとか盗まれちゃったらどうしよう、と一瞬真っ青に。でも、バーに忘れていただけだったので、フロントに保管されてました。

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト