きもの男子通信

かっこいい!浅野さんの帯と奥順の結城紬のコラボ@代官山ヒルサイドテラス

織楽浅野さんから、ご案内をいただいて、行ってきました。

今回は結城紬の奥順さんとのコラボ。

フォーマルから洒落着までのコーディネートです。

今回浅野さんの帯はいつもより、ちょっと「かわいい」かも。でも、やっぱりかっこいい。

フォーマルは、無地ぽい結城紬ですが、胸や裾に刺繍やぼかしがあったり。「地空きの多い付け下げ」という感じです。




洒落着もまたおしゃれ。モダンな印象です。




季節柄か縮みも多かったです。より軽やかな印象。

会場にいらした、奥順の若い方(女性)が着ていた縮みの石毛紬。ベージュの無地の長着と黒の羽織の組み合わせで、すっきりとしてました。黒の羽織って、フォーマル感が強いけど、素材の質感で程よくカジュアルになっていてよかった。

この日展示されていた着物は、奥順さんがはじめられた着物のお店「澤屋」のオリジナル商品。(奥順さん自体は問屋さんなのです。)

絣の技法を競うより、素材の良さ、デザイン全体のバランスを重視している感じがしました。
結城紬の色無地のオーダーもできるそう。
お値段は、高機なら夢じゃないかも。(もちろん地機でも夢じゃない人もいると思いますが。)

洒落紋の一つ紋にしたら、帯次第でちょっとしたお出かけから、フォーマルまでカバーできますね。

たとえば・・・
更紗の帯で、洒落着。
袋帯で、フォーマル。

まあ、「おおよそゆき」だったら、柔らかいもののほうがいいかもしれませんが。会場との兼ね合いもありますし。

男性なら、お対にして、羽織にだけ縫紋入れれば、ほとんどのTPOをカバー。
(お茶をやってる人は、長着にも縫紋入れた方がいいかも。)

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村



スポンサーサイト