FC2ブログ
 

きもの男子通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊之助さんのパドドゥ、凄かった・・・・11月歌舞伎公演「仮名手本忠臣蔵」@国立劇場

なんだか、いつもやってる感じの「忠臣蔵」ですが、今回は、国立劇場開場50周年記念ということで、全段を10月から3カ月に渡って上演。しかも、あまり上演されない場面も含め、上演可能な場面をすべて網羅しているそうです。

私が見たのは、11月公演で、
 浄瑠璃 道行旅路の花聟
 五段目 山崎街道鉄砲渡しの場
      同   二つ玉の場
 六段目 与市兵衛内勘平腹切の場
 七段目 祇園一力茶屋の場
でした。

一番印象に残ったのは、しょっぱなだったからかもしれないけど、お軽勘平の道行、とくに菊之助さんの踊り。

最前列の真ん中よりやや、下手よりだったので、菊之助さんの手相が見えるくらい良く見えました。

もう、「どや、どや、どや、これでどうやー」、という感じで、どんどん押してきます。上手いわー。
雰囲気としては、クラッシック・バレエの最後の方のパドドゥで、これまでのストーリーとは関係なくプリマが踊りまくる、みたいな感じ。

迫力がありすぎて、「お軽としてはどうなの?」という気持ちもしますが、今、乗りに乗ってる菊之助さんを見ることができて良かった!

鉄砲渡しの場、猪と間違われて打たれる色悪、斧定九郎は、松緑さんでした。
うーん。
この場面は、斧定九郎が意味もなくやたらいい男であることが不可欠である、と改めて思った。

与市兵衛内勘平腹切の場、口入れ屋の女将さん、良かったです。ちゃんとしてるんだけど、奥底にはすごみがあり、でも、極力それを見せない感じ。

一力茶屋では、又五郎さんが大活躍。
今回わかったのは、お軽の兄、平右衛門がお軽を殺そうとするのは、討ち入りの秘密を守るためもあるけど、「足軽の自分が参加するには、それくらいやらないと無理」という気持ちがあったということ、っていうかむしろそっちがメイン。(だって、お軽は由良之助に殺されると平右衛門は思っているのだから)
別に足軽の平右衛門が討ち入るすることを周りが期待してる訳ではなくて、平右衛門自身がどうしても参加したかった。

前にも書いたけど、「忠臣蔵」は、藩がお取り潰しになったために、ある意味身分から「自由」になった人たちが、自分の意思で、討ち入りに参加する話で、そこにある種の爽快感があります。
たとえ、最後に切腹するにしても、その時代には普通できなかった、自分の人生の選択ができた。

だから忠臣蔵は、「死に方」についてではなく、「生き方」についての物語だと思う。

吉右衛門さんの由良之助。
なんだか、すごく若がえってた。
永遠のヒーロー、吉右衛門さんの本領発揮、でした。

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。