きもの男子通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港日記 その2 離島で大仏様と漁村を見学・・・そしてその後セントラルでオールデンの靴を

二日目はまず近所のお店で朝食!





大変美味しいです。

このパンみたいのはおかゆに入れます。甘くないの。


そのあと、離島のお寺や漁村へ連れて行ってもらいました。

フェリーに1時間、バスでさらに1時間くらいで大仏のあるお寺へ。












そしてまたバスに乗って漁船へ。









潮風で建物が痛むのを避けるためか、メタル素材の家が結構あります。でも、夏、オーブンのように熱いんじゃ・・・

屋台の食べ物は美味しい!
見た目はワイルドですが、薄味であっさりしてます。







たけど、慣れてないし、フェリーや、ボートや、バスに乗ってたせいか、ちょっと具合が・・・てか顔面蒼白!

でも香港島に戻って、セントラル(香港の中心部)のスタバでお茶して、Lane Crawford(香港のおしゃれデパート。伊勢丹よりパワフルかも。店員さんもめっちゃおしゃれ)で買い物したら一気に回復!

俗物療法?!

その後、同じくセントラルにある「Tassel」という靴屋さんへ。こちらは、7年くらい前に香港に来た時に、オールデンの靴を買ったお店。当時は地味なビルの中で営業していて店員さんも1人。、「お昼を食べに行ってます」みたいな札が下がっていたりしました。

ところが、今回行ってみると・・・ランドマークという超立派なビルの中に移転。同じフロアにはルイヴィトンなどのブランドのお店がいっぱいでした。


でも、下町の老舗みたいな接客は変わらず。

履いてみてすぐ「これにします」って言っても、「慌てないで、少なくとも5分くらいは履いて痛くないか確かめて」って言うんだよね。
靴の幅は、小指が隣の指に重なるほどだとダメだけど、靴を手で脇から掴まれてると感じるくらいタイトなのがいいんだって。

履く時間も、3時間、5時間と徐々に伸びしていくのがよいそう。



パンツにTシャツにエプロンして、オールデンのローファーを履いた、女の店員さんが言ってた。

この方、浅草の履物屋さんにいそうな雰囲気で好感度大!

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。



にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。