きもの男子通信

ジェンダーも身分も撹乱!・・猿若祭二月大歌舞伎@歌舞伎座 その2 「大商蛭子島」

「猿若江戸の初櫓」の次は「大商蛭子島(おおあきないひるがこじま」。
こちらは、伊豆の蛭子島の寺子屋の先生幸左衛門とそのお内儀おふじは、実は源頼朝とその妻辰姫だったという設定のお話です。

この寺子屋の弟子は女の子だけで、幸左衛門はセクハラばっかりしているので、おふじはいつも怒っている。そこにやってきた、弟子入り希望の娘が実は北条政子。
そのことを知ったおふじ、というかは辰姫(時蔵さん)は、源氏再興のためには、北条氏の助力が必要と、自ら身を引く・・・
というわけで、ホーム・コメディ的に始まって、最後は源氏の旗揚げの場になるという、歌舞伎らしいお話。

これまで、時蔵さんは、怖い女(伊勢音頭の女中、万野とか)と気品ある女の役しか、観たことがなかった気がするんだけど、今回のおふじは、とっても可愛い感じだった。
七之助さんも綺麗。
振り袖姿の弟子の一人になっていた芝のぶさんは、いつもながら少女っぽくて可憐。アイドルみたい!
登場したとき、「芝のぶ!」って、声がかかってた。
(ちなみに、芝のぶさんは、10年以上まえに、蜷川さんのハムレットでオフェーリアを演じて、それが素晴らしかったそう。イギリスでも公演され、好評だったそうです。
ネットである方の劇評を読んだけど、本当に良さそうで、観たかったー。
http://www.saturn.dti.ne.jp/~ebi-ken/ebisu14.htm)

さて、このお芝居は、天明四年に初演されたそうですが、その頃は江戸時代真っ只中。

最近、男らしさ、女らしさよりは、絶対的なものではないし、それにとらわれずに自分らしく生きたい、という考え方がだんだん受け入れられきているように思うし、自分もそういう考え方。
だけど、実際には「男だったこうすべき」とか「女だったらこうすべき」っていう圧力がいろいろあると思う。

江戸時代だと性別だけじゃなくて、さらに身分で「町人はこうすべき」「武士はこうすべき」という枠がある。

ところがこの「大商蛭子島」このお芝居では、男が女になっちゃうし、町人が実は武士でしたってこともある 。

そうすると、「生まれつきの身分って本当にそんなに絶対なものなかなー」、と気がしてくるんじゃないだろうか。(武士でない役者が、本当の武士より武士らしく見えちゃうなんて、支配階級の武士にとしてはまずくない?)

それともお芝居は「非日常」ということで、そういう風には考えなかったのかもしれない。
というか、多分そうなんだと思う。

でも、きっとかなり刺激的な「非日常」だったと思うな。

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック