きもの男子通信

菊五郎さん、すばらしかつた!四千両小判梅葉@猿若祭二月歌舞伎座

四千両小判梅葉は、黙阿弥作の白波(泥棒)物。

安政2年(1855年)に起きた、江戸城の御金蔵から四千両が盗み出された実話を元にしています。

なので、江戸時代だったら上演は無理ですが、明治18年の作品なので、登場人物の名前も実名だそう。
そして、明治の作品だからこそ、より「江戸情緒」にあふれている気がします。

最初の場面は、四谷見附の門外、お堀端のおでんの屋台。屋台の亭主は富蔵(菊五郎さん)。
そこに浪人、藤十郎(梅玉さん)が通りがかかる。この人、遊女に入れあげていて、お金に困り、この遊女を身請けしようとしている升酒屋の息子を待ち伏せて、身請けのお金百両を奪って殺そうとしている。

富蔵は、藤十郎の計画を見抜くが、藤十郎のお父さんに使えていて恩があるので、やめさせる。
そこまではもっともなんだけど、富蔵は、今は地道にやってるけど、実は泥棒で召し捕られ、入れ墨を入れられていて、藤十郎に、「どうせやるなら、もっと大きなことをした方がいい」といって、江戸城の御金蔵破りを持ちかける・・・

と書くと、はあ?という感じですが、これが、菊五郎さんの芝居で観るとすごくいい。
肝が据わった感じが男らしくてかっこいい。

で、いろいろあって、結局富蔵は捕まって牢に入れられるのですが、この場面も面白い。

黙阿弥は、幕末に代言人(弁護士)だった知人から資料を手に入れて、当時の牢屋の様子をお芝居で再現したそう。

舞台の後ろは全部格子になっていて、牢名主を初めとして、50人くらいの罪人がずらりと並んでいる。
その中には、牢名主を頂点とした厳しい秩序があり、富蔵は、管理職(?)になっている。
ここに、次々と新入りが入ってくる。
新入りの待遇は、持ってきたお金による。
お金がないと裸で踊らされて、その後もひどい目に。
大金をもってくれば「労ってやらねばなるめい」ということに。
お金がなくても若さと美貌であれば、これも待遇がいい。
スリで入所した菊之助さんは、「病気のおやじの足を揉んでおりやした」と自らアピール。
こちらも「労ってやらねばなるめい」ということに・・・

この牢のシーン、ビジュアル的にも内容的にも、なんというかアングラ演劇というか蜷川さんのお芝居とかみたいだった。

明日は、死罪という富蔵に、牢名主は、唐桟(縞)の着物と博多帯を与えて、立派な死を遂げてこいという。
そして当日、富蔵と藤十郎は、牢からの題目と声援を訊きながら、刑場へと向かうのでした。

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック