FC2ブログ
 

きもの男子通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱歩も「新派大悲劇」に・・・黒蜥蜴@三越劇場

行ってきました。

そして会場の三越劇場は1927年(昭和2年)開場で内装がクラシック。舞台装置の雰囲気と色調もその三越劇場の内装に合わせていてるので、劇場全体が舞台と一体になったように感じられます。







最初に現れた刑事役の永島敏行さんは、観客席に向かって「日本最初の地下鉄、銀座線に乗って三越劇場までいらした、帝都東京の小市民の皆さん」と呼びかけます。

そう、観客は乱歩の怪人たちが暗躍する昭和初期の帝都東京の一般大衆に見立てられているのです。
(銀座線は1927年/昭和二年開通。そして、「小市民」の方々が、住んでいそうな東横線の開通も昭和二年。)

「帝都東京」と地続きの日本橋の三越劇場ならではの演出に期待が膨らみます。

さて、続いて怪人二十面相はじめ乱歩の怪人たちが集まる秘密のパーティーのシーン。「乱痴気騒ぎ」という設定なのですが、ぎこちない。舞台がなかなか暖まらないというか。新派の方々はがんばっているけど、真面目すぎてやっぱりこういうの向いてないような。理性が邪魔しているというか。

新派の世界って、「人にはそれぞれ事情があって、一見自暴自棄になってるように見える人でも、それには深ーい理由がある」、というような世界観、だからね。

しかーし、そこに雪之丞さんの女盗賊黒蜥蜴が銀色のキラキラの着物で登場すると、一気に乱歩の世界に!

上演後の茶話会で、雪之丞さんがこの衣装(自前だそう)を「ミラーボールみたい」とおっしゃっていましたが、まさに雪之丞さんの登場で舞台が照らされた感じ。今までぎこちなかった他の登場人物も生き生きしてきた。

その後の舞台も雪之丞さんの輝きに照らされていました。しかし、雪之丞さんがいなくなると・・・
でも、ほとんどの場面で雪之丞さんは登場するので大丈夫。

再度辛くなるのは、通天閣の近くの化物屋敷での怪人たちの乱闘。ごめん、新派の方々、やっぱりこういうの向いてないよー。最大限頑張っていたけど。エグザイル劇団の人がむしろこの場面を支えていたかも。

でも途中で歌舞伎の「だんまり」みたいなシーンがあってこれは良かった。「だんまり」というのは真っ暗(という設定の)舞台で登場人物たちが、スローモーションで手探りするというもの。
ここはみなさん上手にできていて安心して観れた。様式って素晴らしい。

<ここからはネタバレなのでこれから観る予定の人は読まないで!>

お芝居の方は、船から人間椅子を海にドボン、秘密基地の恐怖美術館などなど、ほぼ私たちの知ってる黒蜥蜴の筋に沿って進んでいきます。

黒蜥蜴といえば思い出す、黒蜥蜴の手下、「緑の亀」は登場せず、誘拐される令嬢早苗さん付きの女中で実は黒蜥蜴の手下という新キャラクター、はるさんが活躍。

劇中で、黒蜥蜴が、嘘とも本当ともつかない調子で、明智小五郎に、華族の令嬢として育てられた幸福な子供時代を語るシーンがありますが、はるさんはその頃から黒蜥蜴に仕えていた、らしい。

早苗さんを剥製にしようとするところは、原作と同じですが、気絶した早苗さんを見て、黒蜥蜴が「姉にそっくり」といい、はるさんも「本当に」といいます。

さて、黒蜥蜴のアジトには黒蜥蜴とはるさんしか入れない秘密の部屋があるのですが、最後、追い詰められた黒蜥蜴が毒を飲んで死ぬラストシーンで、その扉が開きます。
するとそこには、黒蜥蜴が語ったのとそっくりな幸せそうな家族の人形が!

そう、黒蜥蜴が早苗さんを剥製にしようとしたのは、姉に似た早苗さんを加えて、家族像を完成させるためだったのです。

乱歩が、突然「新派大悲劇」に!

わたくし、泣いてしまいました。

新派は不滅だった・・・

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。