きもの男子通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌昇さん・種之助さん勉強会「双蝶会」@国立劇場

に行ってきました。



演目はなんと「大蔵卿」と「吃又」!
どちらも難しい演目。





ポスターで見ると、なんだかちょっとあどけない、ような。

席は1列目の右端だったので、ちょっと見にくい
かなと思ったのですが、小劇場なので大丈夫でした。
というか、義太夫と三味線がすばらしかったので、とても良かった。

大蔵卿の太夫は、竹本愛太夫さん。
格調の高さと迫力に圧倒されました!

舞台に最初に現れる鬼次郎(歌昇さん)とお京(米吉さん)。
米吉さん、こういう年増もいける!っていうかすごくいい。
絶世の美女の役じゃないし、拵えも地味なんだけど、綺麗。
まさに、歌舞伎の女形の美!
歌昇さんのさっぱりした鬼次郎もぴったり!
お似合いの演技と踊りが合わさった動きが美しい。

常磐御前(壱太郎さん)、優雅な雰囲気はあると思うけど、あのお化粧は、もともとああいうものなのかしら。すごく気になる。
大蔵卿(種之助さん)、うーん。ちゃんとやっていらっしゃるけど、もう決まっている「大蔵卿」のお芝居の動きを一つ一つクリアしている、みたいな「段取り」感がある、ような。いや、実際段取りはあるだんろうけど、それが段取りに見えず、もっと自然に流れるようだといいと思う。

「吃又」。こちらの義太夫は葵大夫さん。細かな感情の現れがすばらしい!
歌昇さんが吃又で、種之助さんが女房おとく。
このコンビはとても良かった!
種之助さんのおとくは最初から達者だなー、と思う一方、歌昇さんは最初、吃又にはイケメン過ぎでは、と感じたけど、吃りながらしゃべり出してからはすごかった。ある種現代劇的な演技が、舞台に強い緊張感をもたらしてました。そして、種之助さんと二人、この世に二人っきりというのが、ひしひしと感じられた。(本当は周りの人も二人のこと、気にかけてるんだけどね。でも、吃又とおとくは、主観的には二人きりと感じてると思う。)

だけど、土佐の名前をもらってからは、もっとスピード感が欲しかった。着替えるところとか、とても長く感じてしまった。こちらも私にはやっぱり段取りに見えてしまった。

今回の勉強会、全体としては、もう、ここまで出来るんだ!という驚き。

そして、米吉さん。可愛いだけじゃないことを改めて実感。
(可愛いのももうちょっと見ていたいですが)

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。