FC2ブログ
 

きもの男子通信

普段着とコスプレの間

お世話になっている渋谷のテーラーへ、ウールの着物で伺いました。

着ているのは生まれて初めて仕立てた着物。素材はウールです。

浅草のヒロヤさんで、反物、仕立て代含めて、多分3万円~4万円くらいだったと思う。
着物ってこんなに安くできるんだって、びっくりしました。
着物については、「安い=ダメなもの」という先入観があったけれど、全然そんなことはないとわかった。洋服とおなじです。

2007年発行の雑誌の七緒のウール特集を読んで、ヒロヤさんに行ったので、買ったのは多分その頃ですね。

その時、「普段着の着物」というものを初めて見たんだと思います。

この号の七緒で、ヒロヤさんの他にも、下駄屋さんとか、帯源さんとか、その他色々な浅草のお店を知りました。この号を読めば、どこに行けばちゃんとした普段着が手に入るか、わかった。

「七緒」は大好きだったけど、あまりにもたくさんありすぎて、ほとんど処分しましたが、この号は大事にとってあります。

という、思い出深い着物なわけです。

これが普通のコーディネート。


お店にあったハンチングとステッキを合わせてみました。


井伏鱒二みたい?

今度はソフト帽で。


一気にコスプレ感が!

でも、当時は身の回りにあった洋品を合わせてるわけだから、自然なことだっんだと思います。

今、身の回りにあるものを合わせるのもいいかもね。

とするとなんだろ。

この間、長着と羽織に、キャップを被ってる人の写真をネットで見たけど、いつもキャップを被ってる人だと、面白いかも。「あ、あの人、着物でもキャップ被ってるんだ」って感じで。
ハンチングも洋服のときも被ってる人なら「説得力」があるとき思う。

自分は着物のとき、キセルとか持っちゃうより、ハイライトの箱とかポーンと袖のなかに入りちゃう方がかっこいいと思う。(いつもキセルを使っているのなら別です。)

あとはなんだろう?

あんまり思いつかないけど、何時も自分が持ってるものを身につけると、コスプレじゃなくて「今の着物」って感じがすると思います。

なので日頃から、今あるもので、「着物にと使えそう」って思うものを探しておくといいかもです。

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック