きもの男子通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘉辰令月・・・一本のお軸がきっかけで知ったこと-雅楽、和漢朗詠集、紫式部日記まで

先日、「千秋万歳楽未央」というお軸を拝見しました。

「千秋万歳楽未央」というのは、
「嘉辰令月歓無極 万歳千秋楽未央」
という漢詩の一部だそう。

唐の太宗に仕えた文人、謝偃(しゃえん)の詩で、和漢朗詠集の「祝」の部に収められています。



嘉、令はどちらも「良い」「めでたい」という意味、辰というのは「日」のことなので、「嘉辰令月」は、めでたい月日、良い時節という意味。

この詩は、
「このめでたき良き日に、歓びは果てしない。万歳千秋を祝って楽しみは尽きることがない。」
という意味だそう。

「和漢朗詠集」は平安時代に朗詠されていた漢詩や和歌を集めたものですが、私は前から「朗詠」ってどんなものだったんだろう、「音」だから今はわからないのかなー、と思っていました。
ところが、なんとこの詩は、「嘉辰」という題で、今でも「朗詠」されているそうなのです。

YouTubeでも見れる!
https://youtu.be/z1Cmzh97pkY

平安時代には大変盛んだった朗詠は、中世には衰え、今残っているのは15曲だそう。(和漢朗詠集には漢詩590句、和歌220首が載っています。)

朗詠って雅楽なの?って思った人もいるかと思います。わたしもそう思いました。
もともとは室町家、綾小路家などの公家に伝えられていましたが、明治になって、宮内庁にできた雅楽局に移され、雅楽の一つとなったそうです。

こちらのサイトに雅楽の歴史がわかりやすく書いてあるので是非読んでみて。
http://iha-gagaku.com/history.html

紫式部日記にも、彰子中宮に皇子が生まれ、一条天皇が藤原道長の邸宅、土御門殿邸に行幸なさった時、「嘉辰」が朗詠される場面が出てきます。しかも朗詠しているのは、和漢朗詠集の撰者である藤原公任!

(原文)
左衛門督(藤原公任のこと)など、「万歳、千秋」と諸声に誦じて、主人の大殿、「あはれ、さきざきの行幸を、などて面目ありと思ひたまへけむ。かかりけることもはべりけるものを」と、酔ひ泣きしたまふ。さらなることなれど、御みづからもおぼし知るこそ、いとめでたけれ。

紫式部日記(の現代文訳)、初めて読みましたが、凄く面白い。OL作家紫式部の「職場日記」なの、です。「私、この仕事向いてないかも」「若い人と違ってわたしがこんなことすると勘違いと思われるんじゃ」「(宮中で)働いてるとすれてると思われそう」「あの人は嫌い」「あの人はイケてる」コンプレックスとプライドが混ざり合ってます。やはりそういう性格の人でないと文学は書けないのかも。
そして、和歌の返答が素早いのがおどろき。LINEの返しくらい早い。

お軸を見たことがきっかけで、色々調べてわかったのですが、以上全てGoogle検索です。時間もせいぜい30分くらい。

凄いよGoogle!

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。