FC2ブログ
 

きもの男子通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコク日記 その4・・・バンコクで見た着物

大晦日の夜は花火があるそうなので、ルーフトップ・バーへ行こうと考え、バンヤン・ツリーという高層ホテルへ移動。



高級ホテルなので、チェックインも丁寧。カウンターではなく、椅子に座って色々説明聞きます。お菓子やお茶も出る。

で、その時、ルーフトップ・バーの予約をしたいと言うと、「大晦日はガラディナーの出席者しか入れない」とのこと。しかたないなー、と思って値段を聞くと「一人23,900バーツ」とのこと。日本円にすると・・・えー、83,000円くらい!!

全く無理なので、他に花火が見えるところがないか聞くと、ホテル内の日本レストランから見えるとのこと。特別料金はなく、ふつうに注文すればいいそうなので、こちらを予約しました。

さて、お部屋の方は・・・


スイートなんだ!!予約の時、ちょっと高いと思っだけど。とはいえ、日本では下手したらアパホテルの値段でした。

スイートってこれまで一度しか泊まったことないんだけど、リビングとベッドルームが分かれてるのが(スイートだから当たり前だけど)、すごく快適。部屋にいきなりベッドだと、友達が来た時とか、ちょっと気まずい。

ベッドの上にあった絵がよく見るととても素敵でした。




眺めもとてもいい!
近くにあるスコタイホテルがよく見えるます。スコタイもとてもいいホテル。プールが素晴らしい!





さて、夜になって、日本食レストランへ。
そこには和服のウエートレスさんたちが。
みんなかなり若い。そしてみんな着物を着ています。着物は、日本で外国の観光客が着てるのみたいな感じです。着付けはうーん。みんな細くてウエストがくびれてるせいもあって、かなり違和感が。(日本の観光客の着物は、お店の人にしてもらってるので、着付けは結構ちゃんとしてると思います。)

だけど、皆さん、多分、着物を着てることが、日本人以上に楽しいんだと思う。ノリノリなんです。気分は「ヤマトナデシコ」!仕草がおしとやかな感じで、それがかわいいのでOK。

お味のほうは天ぷらはなかなか美味しかった。多分馴染みのある調理法だからでは。お刺身は・・・。でも、お店の人たちに溢れる「日本が好き」感でOKになってる気がしました。





バンコクには、日本食レストランが多いので、勝手にお刺身の盛り合わせを注文したんだけど、後で知ったんだけど、タイの人はお刺身が苦手な人が多いそう。私の為に、タイレストランで、全部の料理、唐辛子抜きにしてくれたのに・・・これが、自分勝手な「おもてなし」ってこと・・・

以前、南アジアのある国の日本料理レストランに行ったら、内装がスタイリッシュで、味も本格的でびっくりしたけど、日本人の上司らしき人が現地の人たちを厳しく指導して・・・というか叱っていて、ちょっと辛かった。だから本格的なんだろうけど。

私はどちらかといえば緩くても楽しい方がいいかな、と思うほう。



新年の花火はよく見えたけど、うーん、窓ガラス越しなのであまり音が聞こえないのが寂しかったかも。

※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。