きもの男子通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必見!玉三郎・仁左衛門さんの「神田祭」@三月大歌舞伎@歌舞伎座・・・そして異性愛でも同性婚していいのでは、と思った。

行ってきました。三月の歌舞伎座夜の部。


一番印象に残ったのは舞踏「神田祭」。


舞踏って、自分は途中で飽きちゃうときもあるのですが、こちらは別格。

とにかく二人のビジュアルのバランスがいい。
踊りも息がぴったりあって自由自在。
仁左衛門さん73歳、玉三郎さん67歳というのが信じられない瑞々しさ、美しさ!
そして、お二人の中の良さ。
最後は花道七三で頬寄せ合って(っていうかチュウ?)

二人は結婚したほうがいいね!・・・と思いました。もはやセクシュアリティは関係ないかも。

そんな二人を見て思ったのは、同性婚が可能になったら、セクシュアリティに関係なく、同性と結婚する人もいるんじゃないかなということ。異性愛の人でも、人生のパートナーとして同性の人と生活して、遺産もその人に残したいという人がいても当たり前だと思う。(そう考えると、逆に同性愛の人で異性の人と結婚している人が必ずしもみんな不幸とも言えない気がする。)

ところで、今回初めて歌舞伎座の中にある「吉兆」に行ってきました。
お料理はとても綺麗で美味しかったけど、30分で食べるのはちょっと忙しいかも。








着物は緑っぽい無地の紬にいつも締めている紋博多の帯。この帯は気に入っていて、夏以外、いつもこれを締めています。同じの(あるいは同じようなの)を探しているけど、どうしても見つからない!



※にほんブログ村というランキングに参加しています。今回の記事、面白いと思われたら、下のボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。